冬場の悩みの乾燥肌

乾燥した季節は

これまで乾燥肌というと、秋から冬にかけて女性が悩まされる代名詞でした。

しかし最近では年間を通して乾燥肌に悩まされている方が増えていると言います。

そもそも乾燥肌は皮脂分泌量の低下や、角質細胞脂質などの減少によりもたらされ、角質の水分含有量が低下している状態を言います。

特に冬場はこれを助長するので、乾燥肌対策が叫ばれていましたが、外気の環境だけが乾燥肌を引き起す要因ではないことがわかってきています。

うるおいがなく柔軟性を失ったもろい肌は、年齢や、体質、環境などにも左右され、これが年間を通して乾燥肌に悩まされている女性を増加させているのです。

さらにビタミンAの欠乏、栄養障害、粘膜水腫(すいしゅ)、腎不全などの疾病から乾燥肌が生じることもあります。

そして一種のセラミドが少ないアトピー性皮膚炎なども乾燥肌と密着な関係があり、乾燥肌と診断される指針は、肌水分量を計測することではなく、あくまで見た目から判断されるものです。

つまり乾燥肌は誰が見てもそうとわかる肌の状態と言えるでしょう。

 

天然保湿因子

肌の角質細胞内には天然保湿因子(=NMF)が存在し、水分を保つ役割を担っています。

これはアミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸塩などから構成され、肌の状態を最適に保持する役目をしますが、これが加齢、ストレス、睡眠不足などで減少することが分かっています。

乾燥肌に保湿クリームが良いとされるのは、まさに天然保湿因子が減少した分を補う考え方からで、乾燥した肌を様々な化粧品でふたをしても、水分の減少をとどめられませんから、昨今の保湿クリームはセラミドなどの保湿成分を肌まで届ける役割をしています。

本来の水分含有量を取り戻せば、他のオイルやクリームなどを使うことが無く健全な肌を維持できるので、一昔の基礎化粧品の考え方とは明らかに変わってきています。乾燥肌はお化粧ののりも悪く、さらに健康的な印象を与えない最たるものですから、的確な対処で美しい肌を取り戻すことが望まれます。やはり最新の保湿クリームを使った、肌内部からの改善が効果をみせてくれるでしょう。